イスラーム史料の電子化

前近代イスラーム史においてもっともポピュラーな史料は年代記と伝記である。史料の記述はきわめて整形的であるが、たとえば中国の紀伝体史料に慣れた目などからみると、あまりに事務的に過ぎるようにも見える。 もちろん史料は史料であ… 続きを読む イスラーム史料の電子化

投稿日:
カテゴリー: お勉強

今次テロ研究会

研究会の概要 IASのメーリングリストで次のようなお知らせが回ってきたのでいってきた。 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 緊急特別研究会 「いま、中東とイスラームを考える」 9月11日に米国で発生した同時多発… 続きを読む 今次テロ研究会

投稿日:
カテゴリー: お勉強

どんぱちで得をすること

第1回につづいてのメモである。どうも今週中にアフガニスタン攻撃があるという噂が飛び交っているが、その利益はいったいどこにあるのか?という議論をする。もちろん心理面や、理念面でのメリットはあるのであろうがリアリスティックに… 続きを読む どんぱちで得をすること

投稿日:
カテゴリー: お勉強

報復の論理

アメリカ政府はたしかに断固とした報復に望むようだ。ステートメントを読む。 The search is underway for those who are behind these evil acts. I’… 続きを読む 報復の論理

投稿日:
カテゴリー: お勉強

西洋近代批判は西洋近代を楽しめぬ者にとっては単なる無知である

昨日の夜、酔っていたためかブラームスのピアノコンチェルトを聴いて涙してしまった。 私は史家を志し、そしてまた「近代」の概念に呪縛されて歴史をみる西欧中心主義に対しては大変に批判的なものである。しかし、私たちが生きるのはそ… 続きを読む 西洋近代批判は西洋近代を楽しめぬ者にとっては単なる無知である

投稿日:
カテゴリー: お勉強