Warning: Use of undefined constant betterwiki_link_css_style - assumed 'betterwiki_link_css_style' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/farsi/www/wordpress/wp-content/plugins/better-wiki-links/better-wiki-link.php on line 47
その他 – Eskandar d'Esfahan

その他

トップページのジャンルに入らない色々。もしまとまったらコーナーを新設します。

目次

Web関連

論文・レポート書きのためのHTML入門

作成中です。まだ見ても意味はありません。表題通りです。超初心者でもなるべく分かるようにがんばって書こうとしたHTMLの入門。画像入りですので、かなり理解しやすいかと。正しいHTMLを目指します。

新世紀エヴァンゲリオンSS/FFをHTML化する人のために – Eskandariya Annexe

これまた表題通り。どちらかというとすでに書いてあるHTMLを鍛え直すほうに目的があります。いちいち直すべき理由なども書いておきましたので、上記の入門以上を目指すときはこちらを読んでください。別にエヴァを見たことがなくても、充分に分かります。また日本語の意味段落、形式段落とHTMLの親和性についても付録として論じています。

Webでのアラビア文字と使用と転写に関わる諸点について

作成中です。内容は不安定で保証できません。web上でのアラビア文字を使ったリソースや、それに付随する音標文字に関する議論とtipsを解説。具体的にはまずWeb上でアラビア文字を使う方法そのものと問題点を述べ、ついでアラビア語・ペルシア語・オスマン=トルコ語のラテン文字転写とそのWebでの使用法について述べます。転写文字もきちんと「字」として表示していますので、コピー&ペーストしても利用できます。こちら方面専攻の方はご利用ください(笑)。(「装いとしての学問」中のコンテンツですがこちらにも関連がありますので)

改造CGIなど

efstat改造版

不可思議絵の具さんの配布しているアクセス解析CGIの改造版です。誰でもできるような改造しかしていません。検索ワードがunicodeでも文字化けしない、Netscape4.x系とGecko系を分けてカウント(つまりMozillaユーザーのため)、DoCoMoの機種分類あたりが主な改造です(つまりたいしたことない)。ライブラリの提供のみなので、本体が必要です。

ArabTeX User’s Manual日本語版

ArabTeXマニュアルの日本語訳

『集史』プロジェクト転写文字数値文字参照化Gateway

「やじまのぺぇじ」などで公開されている『集史』のアラビア語転写アルファベットを本来の転写文字で参照できるように数値文字参照化します。数値文字参照化された文字列をべったりとHTMLに貼り付ければ本来の転写文字で参照できます。