ウラディーミル・アシュケナージ NHK交響楽団 音楽監督に就任

ウラディーミル・アシュケナージ NHK交響楽団音楽監督に就任(N響:N響について/プレスリリース

いささか旧聞に属する類だが。結局デュトワの数年でN響は変われたのか? 木管群がどれくらい変わるかで、フランス音楽への親和性は変わるような気がするの で、それがキーになるだろう。アシュケナージがトレイナーとしてすぐれているのか、私には少々疑問。なにか、名前を採った気がしてならない。あの前後、N響のデュトワ、都響のベルティーニ、読響のアルブレヒトと著名な監督が次々と呼ばれたわけだが、この在京オーケストラの数年の意味は、あと五年くらいで明らかになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください