ATOK17

β版テストから関わっていたこともあり導入。連想変換はまだ完全な類義語辞典的使い方には向かない。辞書が弱すぎる。しかしないよりはましか。ともあれFEPは使っているうちにいろいろと評価すべき点、批判すべき点が出てくるのだから、レビューはまだ先にすべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*