中共15期七中全会続報

昨日も論じた中 国ネタ。朝日新聞が昨日の夜いち早く伝えたところによると、胡錦濤の総書記就任、温家宝の国務院総理含みの中共中央政治局常務委入り、江沢民の中央軍事委 主席留任はほぼ固まった模様。妥当な落としどころである。問題は中央政治局の新たな顔ぶれと李瑞環の処遇である。李瑞環はナンバー4で、政協主席という一 種名誉職に近いポストにいる。今回の党大会では彼は定年を迎えない。「政協」そのものの位置づけを含めて、微妙なキーになりそうな感じがする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*