新田俊三『アルザスから-ヨーロッパの文化を考える』

推薦版.アルザスの持つ多様性とそれを許容するアルザス文化。僕の考える人の生き方が紹介されていた。そしてまた、紀行も食、風景、地理としっかりしている。ドイツへの近さ、パリからの不便さなどは逆に魅力なのではないだろうか。研究者の書く紀行とはかくあるべきであろう。当然専門の経済学についても述べられているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください