水筒の効用

保温の効く水筒を買って、毎日自分で珈琲を立てて、学校に持っていっている。私の行く喫茶店の珈琲はそのへんの珈琲より圧倒的においしいので、外であまりおかしな珈琲を飲むのはつらくなってしまっている。おかげで、図書館に籠城していたりすると、時々珈琲を飲みたくなったりするのだが、その時に缶コーヒーなどでお茶を濁すことができない。その解決策として用意したのが、水筒持参なのである。

昨今の水筒は優秀で、保温性能も充分だし、なにより素材の工夫によってずいぶん軽くなっている。ありがたい限りだ。キャンパスでペットボトルを鞄に突っ込んで歩いている人をよく見かけるが、水筒を持ち歩いてもさほど変わらないはずだ。珈琲や紅茶ならきちんといれたもののほうが、ずっとおいしいに決まっているので、水筒に自分好みの飲み物を入れてくるというスタイルは、充分に推奨できるものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください