さすがのアルジョマンド

11時ころ起きる。腹痛が続いている。へろつきつつ『街道の日本史』の続き。15時半クラナッハ。現況、靴の底が割れていて雨の日に外出するとあっという間に浸水する。早期復旧が望まれる。

16時半三田。さすがにアルジョマンド。短ページながらShadow of God and Hidden Imamの良質な抄訳といえる。しかしこの権威と権力の並立という状況とか、権威への執行機関の一部の直接従属というのは、朝廷=幕府の二重権力性とか統帥権干犯とかそういうものを思い起こさせて、妙に単純化していないかという危惧も感じる。サルバダール運動は「共和国」の語をあててしまってよいのだろうか。次に読むのは近代カリフ論。

18時。腹痛がひどいので課外授業は辞退してえくせるしんぐ。マアムーンのために調べ物。背景が著しく錯綜していてハニャハニャだが、重要なことはよくわかった。21時、地下に戻るが誰もいず。うどん。また来たかという顔をされた。出ると急激な腹痛でヴェローチェでお手洗いを借りる。当然タダ遣いはわるいのでココア。読書。22時半帰る。でにーじんぐ。読書。帰宅してインチキ事典の査読依頼に大量にコメントをつけまくる。ちょっとフラストレーションがたまっていたのかもしれない。執筆者のみなさん、ありがとうございました。7時ころ寝る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*