ダワー, ジョン, (三浦陽一, 高杉忠明, 田代泰子訳)『敗北を抱きしめて―第二次大戦後の日本人』全2巻

敗北を抱きしめて〈上〉―第二次大戦後の日本人

著者/訳者: ジョン ダワー

出版社: 岩波書店(2001-03-21)

Amazon価格: 151

単行本(400ページ)

ISBN: 4000244027

Calil

Booklog


敗北を抱きしめて〈下〉― 第二次大戦後の日本人

著者/訳者: ジョン ダワー

出版社: 岩波書店(2001-05-30)

Amazon価格: 265

単行本(380ページ)

ISBN: 4000244035

Calil

Booklog


昨年のいまごろ話題になっていた書物だが、ようやく読んだ。「草の根のファシズム」の時代がどのように「戦後」につながるかを占領期に絞って、社会史を中心に描いた力作。表題の「抱きしめて」がかなり象徴的である。

特に敗戦後の占領前期の全ての始まりといえるような、空虚でありながら開放感に満ち、それでいて生活上は最悪な時期の詳細な記述が重要である。敗北というフォーマットを日本も、そして占領軍・アメリカも「抱きしめ」そして二十世紀後半の日本の歴史が始まったのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*