イラン続報

約一千人の民衆がテヘランで司法府支持のデモを行った模様。あからさまに官製であろうと思われる。理由はシュプレヒコールが「背教者に死を!」「イランの サルマン・ラシュディに死を!」であったからである。これは司法府がホメイニーの権威に頼らざるをえないという事情を示しているのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*