神と忠誠

合衆国での宣誓の文句「…. under the God.」がいま物議を醸している。ある無神論者が、息子が学校のある場面で宣誓を求められたことについて、合衆国憲法修正第一条違反であるとして訴訟を 起こした。これについてサンフランシスコ巡回高裁が違憲の判決を下した。その結果、すさまじい議論がわき起こっている。これについてはCNN.comのCNN.com – Vast majority in U.S. support ‘under God’ – June 30, 2002をご覧になるとよいであろう。

Newsweekの世論調査によると約四分の三近い回答者が、この違憲判決に反感をもっているようである。これについては「特定の神」をさすもので ない限り、という保留がつくものの、the Godはセム的一神教の神であろう。under Godsといってはたぶんいけないのだ。議論の展開を見守りたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*