「永遠の」日常が終わる日

それは常に続いていくと想像されていた日々。穏やかにそしてささやかな幸せが周囲を流れていた日々。だが、そんな永遠のまどろみを支配していた秩序は、堅牢な石造りの光塔ではなく、現実に左右される砂上の楼閣に過ぎなかった。

中世的永遠は、そこに暮らしていた人々にとっては真実だった。歴史学的には、「まどろみ」のように見えていた日々もまた非常にダイナミックで動態的 な世界であったことは、近年よく指摘されることである。しかしどこまでも続いてゆく日常の感覚は、人々にとって真実であったのではないだろうか。

やがて永遠を夢想していることすら許されない日々が訪れる。そこに住む人々の目前においても、昨日までの日々を永遠と思うことが許されないほど、世 界が躍動感に満ち溢れた時が来る。そのような時、人々は無力さを痛感したかもしれない。否、確実に痛感しただろう。しかし無力さの自覚は、強い自己を作 る。そして、そう。また、あの春が来る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*