朱筆

午前中はやくに目が覚めて、それからずっとまどろむという妙なスタイルが身に付いてしまっている。その間何件ものメール、電話があるのだが、うつつの中でまともな対処ができない。迷惑をかけているのだが、しかたがない。

クラナッハにいって日経を読んで、書き物をして、図書館に回って、千石駅に向かう。もうそのころには銀行もしまってしまっている。世間との生活時間のずれを感じてしまう。

さらに三田の図書館で何冊か書物探し。が、ない。必要なものは経営管理研究科とか矢上とか藤沢とかばかり。三田にいれましょう……メディアセンターの方々。結局、なけなしの理工学書から何冊か借り出して、悦にいることに決定。

部室に行ったら小ゲラに遭遇。巻き込まれて朱を入れる。どうも昔の癖が直らず、あいかわらず「平部員」をできない自分にいらだつ。が、まぁよい。プロジェクトXを見逃したが、それもまぁよい。夜はICQで雲南話と就職話。午前4時。寝る。

しかし酔っぱらって心地よい音楽を聴きながら寝るというわざが使えなくなったのが、つらい。ヘッドホンをしたまま寝るわけにはいかないし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*