秋の涼しさ,夜の闇

最近たいへんに涼しくなってきた。ここ数日は秋の過ごしやすい日々が続いている。部屋に差し込む光がやさしく儚げだ。 夜にコンサートに出かける。その音楽に身を委ね、終演後に珈琲を片手に、友人ととりとめもなく話す。家に帰り、ネットワークで楽しむ。なんとも張り合いが なく見えるかもしれないが、私の思う愛すべき時間だ。コスタリカの馥郁たる香りに、ヨーロッパの秋を思う。ジャマイカの酸味を帯びたほろ苦さに帝国主義の 時代に生きた人々の姿を思う。

夜の暗さこそが、世界への想いの羽をはばたかせてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください