上村幸治『中国路地裏物語――市場経済の光と影』

北京の裏町にはいまも昔ながらの造りの家が広がっている。そこへ行けばさまざまな声を聞くことが出来る。豊かになりつつも殺伐としてきた空気、「先富起来」から「共に豊かに」とスローガンは変わった。中国政府のスローガンはその反対方向に現実が進んだ時に登場する。南巡講話の夢が今現実となりつつある。そして光の裏の影は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*