南川高志『ローマ五賢帝』

ローマ五賢帝 (講談社現代新書)

著者/訳者: 南川 高志

出版社: 講談社(1998-01-20)

Amazon価格: 1

新書(244ページ)

ISBN: 4061493892

Calil

Booklog


しばらくローマから遠ざかっていた。実は、五賢帝時代の研究者が日本でほとんどいない、ということを知る。非常に意外であった。養子皇帝制というのは妙だと思っていたが、やはり。帝国に関しては没落論の影響か、五賢帝時代以外は暗黒帝国という印象さえある。それを五賢帝時代の実像を描くことで、相対的に他の実像をも見せることになるだろう。

著者は、実は五賢帝時代の基礎をなしたのは、ドミティアヌス帝であったと考える。従来、暴帝と考えるものたちを、色眼鏡をかけることなく、見て行くことを再確認させられる。同時に、ローマ史において、ポロソポグラフィーという手法の重要性を学んだ。

また深読みのしすぎかも知れぬが、目次では第一章が「訪れぬ光-五賢帝時代の始まり」とあるが、章の扉には「訪れぬ光-四賢帝時代の始まり」とある。本文中のネルウァ帝の描き方から考えて、妙にわざとらしい。なぜネルウァが賢帝と呼ばれるに至ったか、説明が求められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*