里中哲彦『まともな男になりたい』

まともな男になりたい (ちくま新書)

著者/訳者: 里中 哲彦

出版社: 筑摩書房(2006-04)

Amazon価格: 1

新書(221ページ)

ISBN: 4480062947

Calil

Booklog


まともな男になりたい、と思いつき、まともな男とはなにか、との自分語りの書。まともな男はそもそもこんなもの書かないだろうと思うのだが。自分のことを「小生」と書いたりするのもこっぱずかしい。さほどおかしなことを言っているわけではないのだが、随所に登場する名言の引用(やたら維新期が多い)や、借りてきたみたいで文章の流れを断ち切る衒学味のある漢語の使用などあまりほめられたものではない。阿部謹也の世間論や福澤先生の思想なども引かれるがどうも曲解しているふしもある。言いたいことはほとんど福田恆存が言っているようなので、そっちを見たほうが幸せになれるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*