松田之利, 筧敏生, 上村恵宏, 谷口和人, 所史隆, 黒田隆志『岐阜県の歴史』

いたってオーソドックスだが,比較的飛騨が詳しいほか,岐阜県域で発生したことを基礎に歴史事象を取捨している点,「飛山濃水」(飛騨の杣と輪中の暮らしなど)という対比を常に生かしつつ通俗的なイメージの修正(飛騨の匠)をきちんとしている点がよい.正月の松本のブリが飛騨ブリであって糸魚川ブリ,越中ブリでないということは車以前の道と人の動きのあり方がわかっておもしろい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください