松田美智子『お茶漬けの味100』

お茶漬けの味100

著者/訳者: 松田 美智子

出版社: 河出書房新社(2004-07-14)

Amazon価格: 11,624

単行本(127ページ)

ISBN: 4309267629

Calil

Booklog


お茶漬けもここまでバリエーションが広がりうるという本.チキンスープをかけたり出汁をかけたりするのはやや邪道という気がするが,それを除いても充分な量のレシピがのっている.意外というか感心したのが,緑茶だけでなくほうじ茶や烏龍茶を用いるということ.これによって,強い臭いや香りをもつ具も自然な味わいになりそうだ.とりあえず作ってみようと思ったのは「炒め香菜の茶漬け」.これは烏龍茶でいただく.吸い口に金ごまを用いるのがポイントだろう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*