飯田文弥編『甲斐と甲州道中』

甲州道中の山梨県域をカバーしており,県史と枠組みが完全に重なる.そのためか政治史の記述は少なく,本シリーズの他書と比較して社会経済史の割合が多くを占める.正直あまり面白くないのだが,それでも鰍沢における富士川の水運はおもしろい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*