神崎 彰利, 福島金治, 大貫英明, 西川武臣『神奈川県の歴史』

前近代を鎌倉を中心に,近世を高座郡と小田原藩,近代を横浜を中心に描く.特徴として中世の扱いが非常によい.特に永享から享徳にかけての上杉氏と当地の関わりに詳しい.上杉氏の町としての神奈川宿という情報は一般読者にも有用だろう.また近世では津久井県への言及がたびたび行われる.津久井は近世に全国でも唯一の行政区分「県」を形成し,また現在でもあまり神奈川として認識されていない地域である.このような地域の特色をきちんと描き出している点も本書の良書たる所以であろう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください