田中義成『南北朝時代史』

大正年間に書かれた本で文語文だが、すこぶる読みやすい。私は『足利時代史』を持っているのだが、なんで一緒に買わなかったのか悔やまれる。いまや絶版である。このやたらと込み入った時代を対象として、かつ当時の政治体制下で、これほどまとまった本があったというのがすごい。南北朝正閨論における著者の態度は史家の鑑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください