イラン:アーガージャリーと学生デモ続報

続報。昨日から状況が一変していたようで、事態は深刻化した。これは、アーガージャリーが控訴を行わない旨を表明したためである(13日付BBC World Serviceによる――余 計なことであるが、中東の情報が一番早くかつ詳しいのはこのBBCである。現地紙よりも詳しい情報を伝えている。この点でアメリカのメディアは全然だ め)。アガージャリーはイランイラク戦争歴戦の勇士で、戦争中自らの足と弟を失っている。本人の声明に拠れば「あの戦争で、私は死ぬべきだった。あのとき からずっと、いつでも殉教する覚悟はできている」とのことである。このコメントと彼の弁護士の楽観的態度をあわせて考えると、自らを使って国内的状況を一 気に推し進めようとの意図が読みとれる。一方で最高指導者アーヤトッラー・ハーメネイーは歓迎のコメントを発した。ここでは、アーガージャリーが「殉教」 というタームを使っているところがポイントとなる。これは昨日も指摘したとおり、事態が民主化だのなんだのをめぐる問題ではなく、イスラーム的であるのは どちらか、というアーガージャリー(と改革派)と司法府の争いなのである。

上記のようないきさつがあったためか、すぐに大統領ホッジャトルエスラーム・ハータミーがコメントを発した。「個人的にはこのようなことは受け入れ られないし、不適当である」と言っている。明らかにアーガージャリーへの判決に反対していることがわかる。一方で「これ以上の事態の混乱は避けたい。学生 は平穏になるべき」とも言っている。ここからは、急進改革派と保守派司法府との間に立って、経済、外交などの実践面を担わねばならない大統領の苦慮がうか がえる。そのように考えれば、死刑執行がされないとすれば、保守派の妥協か、ハータミーの急進化による保守派の押さえつけ、死刑執行がされるとすれば、 ハータミーが急進化した上での政府内での地位低下、あるいはハータミーが保守化した上での地盤沈下、そのような道しか残っていないことが分かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*