特にこともなく

E231系

はじめて山手線のE231系に乗った。幅広車はすでに総武中央緩行線で実証済みだが、それ以上に新しい点がいくつもあった。

まず6扉車のクッションがかなり柔らかくなっている。走行も安いが軽やかな感じ。また車内の到着案内版が液晶ディスプレイとなっており、現在地とこ の先の駅の到着までの時間、駅停車時には乗り換え案内まで出ていて、一見して親切である。電光掲示板のスクロールより圧倒的に見やすい。

車内放送がついに自動放送になった。音質・音量共にかなり聞きやすい。英語もくせのない英語。ただし駅名や乗り換え路線名の発音が英語的で気持ち悪い。東急のように日本語の固有名詞は日本語で発音すべきである。

Suica

はじめてといえばSuicaを初めて使った。ちょうどイオカードが切れていたため。どこでもそうだが、運賃というのは距離に応じての課金となるので、十円単位となる。そうするとこれまでのカードでは最後には数十円だけ残ってそれがやたらと不便だった。そこが解消するのがよい感じである。

願わくばとっととパスネット系と統一してICカード化してもらいたいものだが、民鉄各社はパスネット対応自動改札機の導入だけでもかなり四苦八苦し ていたので、なかなか難しいかもしれない。しかし「スルっとKANSAI」もICカード化するらしいので、そのうち実現はするだろう。問題は、それが JREと共通のものとなるかだ。

関連リンク

その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*