世界に恥さらした「日本のバカップル」

昨日に引き続き、ZAKZAKによる。ちなみにネタ元はロイター。

ZAKZAKでは日本の恥、とばかりに書き立てていますが、別に元記事がそこまでえぐく報じてるわけじゃありません。ある意味、日本の反欧米感情は こういうことで掻きたてられるのかも。日本語の報道って、どうしても説教くさくて公式発表のようなものか、そうじゃなかったら週刊誌的になるんですよね。 なにかこう、良質な皮肉を混ぜた評論のような書き方って確立されないんでしょうか。産経もここのところ西船図書館焚書事件といい、ちょっと色が出過ぎている気もします。

しかし六カ月も世界旅行とは素晴らしい。いったいどこにいったんでしょう。「空港に着いた」というのだし、のほほんとしていたというのだから、イス ラエル入国の際に異常に検査が厳しくなるシリアなどは行っていないのでしょうが。中東を六カ月ふらふらすれば相当世界観が変わるかもしれませんね。

ネタもと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*