北へ!――ふたたび

ドライヤーによる強制乾燥を経て、荷造りが終わったのが午前8時過ぎである。非常につかれた。これで昼からレンタカーでひさしぶりの運転と考えると少々不安である。

今回の旅行の概要。

  • るるぶじゃぱんに載っていたプレッツのツアーを使用。もともとは札幌往復の航空機+1泊4日+レンタカー4日分で2万円ちょいのプランである。これを釧路着札幌発のオープンジョー形式に変更し、さらにツアーに付属の1泊を川湯で延泊して2泊とすることにした。全体も9日まで延長。また付属のレンタカーも4日を5日に延長。よって、釧路着札幌発2泊9日レンタカー5日分のプランとなる。
  • 行きはJAS135:HND1205-KSJ1340、帰りはJAS122:CTS2140-HND2310を使用。
  • 一泊目:霧多布/霧多布里。二泊目:羅臼/民宿本間。三・四泊目:川湯/北一館。五泊目:帯広/十勝ガーデンズホテル。六泊目:富良野/リゾートインノースカントリー。七泊目:札幌/ホテルメッツサッポロ。
  • レンタカーは1日目釧路空港で借り5日目釧路駅で返却。また6日目富良野で24時間のレンタカーをツアーとは別に手配。
  • 概ね道東を釧路から釧路まで一周して、5日目以降徐々に西へ進み、札幌に入るというプランである。細部はその場の気分と天候次第である。

品川から京急の快速特急で蒲田にいき、そこで各停に乗り換えて空港へ向かうはずだったが、快急で座って爆睡モードに入ってしまったため、川崎まで乗越。いきなり予定より10分の遅れである。といってもツアーの集合時間というのは出発の1時間前という馬鹿みたいに余裕をとった時間なのでまったく問題なし。私が羽田を使う際の平均滞在時間は20分弱であるからあせりはほとんどない。例のテロのせいでセキュリティーチェックが馬鹿みたいにうるさくなって異常に並んではいるものの、それはビッグバードの真ん中のほうの話で、はずれのはずれJASカウンター並びのA-Gateは3分ほどで通過した。

とにかく眠いので機内では爆睡モードに突入する。寝ているとショックがあって、あっという間に着陸。……最近このパターンばかりである気がする。もっとも東京から釧路に飛ぶ際はほとんど海の上なので、ながめるべき景色もないのであるが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*