北の丸公園

ここのところ、やたらめったら涼しくて気持ちが悪い。涼しいというより寒い、という感じで、夜など半袖で歩くとつらい。おととしの同じ時期に釧路湿原で感じたのと同様の雰囲気。いったいどうなっているのか?

そのやたら涼しくなる夜に北の丸公園を歩いた。私は丸の内のほうはよく行くのだが、なかなか北の丸方面にはアクセスしない。そんなわけで実は、夜に北の丸公園を歩くのははじめてであった。

第一の印象は暗いことである。電灯があまりないので、足元に気をつけないと歩けないほどである。それに人がいない。千鳥が淵のこちら側から麹町方向 を眺めると、まるで別世界のようである。向こうは光り輝くビル群、こちらは秋の虫がただなくだけで真っ暗な山の中。武道館裏の広場を過ぎて田安門から九段 に出たときほっとした。

夜の北の丸公園はひとつの別世界である。このような非日常的な場所の夜は往々にして無法化するものだが、ここは皇居である。その安心もあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*