蒸し暑さの中に秋風

昨日まで合宿で河口湖に行って来た。一日だけではあったが、八月で唯一の東京脱出。富士急ハイランドでふじやまにのって遊ぶ。非常に気持ちが良かった。実は絶叫マシーン系が好きらしい。

さすがに標高が高いので、夜になるとずいぶんと涼しい。半袖一枚では寒いくらいだ。まわりに何もない森の中、真っ暗な道を歩いてみる。自分の足音も 息づかいも聞こえてくる。森の音も聞こえる。このような経験は、さすがに東京ではできない。東京の空はとても明るく、また物音のする道は近い。このような 幸せはやはり、田舎に行ってこそであろう。戻るとやはり自動販売機の明かりがあまりにも明るかった。驚く一瞬である。新聞の合宿に行くのもこれが最後であ る。残念なことだ。

後輩の車に乗せてもらって、帰ってきた。相変わらず暑い。一度家に戻る。シャワーを浴びてすっきりする。ちょうどサントリーホールでのコンサートが 入っていていったのだが、どうにもならない眠気に囲まれていて、2時間延々爆睡していた。気持ちよかったので可とするが、もったいないことでもある。この あと今後の研究計画などを書こうと思っていたのだが、まったくもって頭が動かず、また寝た。

今日は院試の願書〆切である。考査料だのなんだのを処理しなければならない。というわけで午後一で郵便為替を作り、写真をとった。写真下手。もっとよくとってくれなきゃこまる。でもTシャツで移ろうとした私も問題かもしれない。

そのあと家に帰って古畑をみつつ「2020年の中国」を読む。18時になってから卒業見込み証明書がないことが発覚。びびって学校に行ってとり、蕎麦を食べて帰宅。再びだらだら。23時。ようやく東京中央局で出願。でも無理だろうなぁ。あと半年英語読もう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*