南への風の道、それは閉ざされつつある

寝たのが遅いので当然起きたのも遅い。午後4時頃である。今日はゼミだったのだが、見事にブッチ。図書館に行って必要な書物の貸し借りと、英語の勉 強……のふりして「中国皇帝伝」とかを読んだ。帰りに三田の居酒屋の前を通ったら湯川先生を発見。飲み会からゼミに参加。とりとめもない話をする。が。ア ルコール依存症な現状はどうにかしなくては。

夕方近くになって、少しずつ雨が降り出していた。酔い覚ましに大手町から丸の内旧「一丁倫敦」を散歩しつつ銀の鈴前に佇む。いまは――あるいは地下 になってからであろうか――妙にすれた雰囲気になってしまっている。昔のいわゆる「旅人」はここで次々に発車する夜行を待ったものだったのであろう。い ま。くつろぎながら発車を待つべき列車は急行「銀河」と快速「ムーンライトながら」しかない。しかし、それでもあの不細工な銀の鈴の周りでは、ある種穏や かな空気とけだるさがある。銀の鈴待合い所は、なにか、待つものを作りさえすれば、往年の旅人の広場としての価値を取り戻すのかもしれない。南への風は自 分の思いである。金色の翼ではないが、想いを想う方向へと飛ばしてゆくこと。それが場所のポテンシャルを高める。

例によって終電近くで巣鴨へ。ジョナサンでひたすら英語と格闘する。なんという知識のなさ!しかし知らない単語をマーキングすると相対的には多いも のの絶対的にはすさまじく多いとは言い切れない。むしろ辞書をひく回数は日本語としての美しさを求めて、適切な訳語を知っている単語でもひいてしまうため 増加してしまうのだろう。とりあえず読み慣れなくては!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*