日本経済新聞社編『北海道はよみがえるか―経済再生への挑戦』

私は北海道が好きだ。いま北海道経済の不況は日経「地域に未来はあるのか?」を待つまでもなく、人口に膾炙している。しかしながら。一般的にある時点で可能性がない、とおもわれるところにこそ、可能性は見つかるのである。

すでに本州はその過密性、既存の就業形態から限界が問われている。その中で自律分散の就業形態がありえるのは、広い土地と美しい大地を持つ北海道であると私は考えている。その意味で北海道こそは「チャンス」なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください