すべては北海道のために

チェックアウトの直前に目が覚める。さくさくと服を着込む。カーテンを開けると薄日がさしている。だんだん晴れてくるようだ。

さて。これからどうしようか。どうせ来たのだからすこしゆっくりしようと思ったけれど、最終選考の結果も気になるし荷物も重い。とりあえず外に出て喫茶店でゆっくりと「北海道はよみがえるか?」と道新を読む。ふむ、、、北海道をよみがえらせるというより新しい北海道を創らなくてはいけないのだ。すべ てはfrontier spilitから生まれる。

午後になると、雲がどんどんなくなっていって北海道の「快晴」。同じ温度でも昨日のような冷たい風ではなく、太陽の暖かさの中に吹き渡るさわやかな風となっていた。北大まで歩いていって、クラーク会館前の芝生でさも当然のように昼寝をする。桜が散ってくる。なんという気持ちよさだろう。

1時間ほどひっくりかえっていて、それから生協に行く。本の品揃えが義塾とはかなり違っている。やっぱり東大系が多いな(笑)。オリジナルグッズを一瞬買いそうになったが荷物が重すぎてお話にならないので、避ける。電話は、ない。

内定をもらったら、北斗星に乗るとか釧路に行くとかいろんなオプションを取りそろえていたのだが、なんとなく思いを断ち切る意味で札幌駅まで行って、快速エアポートに乗り込む。

車窓は、やはり美しい。なだらかに続く丘陵。まだまだ昔の森が残っている。植林の杉ばかりの関東とは大違いだ。どこまでもつづくさらさらとした森の景色に陽が注ぐ。心がゆるみ、再び眠りに入った。

1530時発のJASで再び東京へと戻る。東京の天候は、雨。帰りたくないけれど、帰らなくては……。シートに身を沈めて、再びこの大地に立つときのことを思う。着陸前に大きな迂回があった。R/W 32Lへの着陸。羽田の空はけぶっていた。

暑い!なんという信じがたい暑さか。スーツを着ていることがやはりこの時期の東京では不可であることがよくわかる。三田に寄る。後輩に白い恋人を与え(<喜んで食べてた(笑))る。とかやってたらメールで内定の連絡。タイミングが悪いぞ(笑)。札幌にいるうちに欲しかった。しかし……内定もらってほんとに行くのか?<DoCoMo北。でも札幌は捨てがたい。

部室まで友人がお祝いに来てくれた。サブウェイで祝い<なぜかわたしがおごるはめに、うちに帰る。酔っぱらって寝た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*