本村凌二『ローマ人の愛と性』

有名なポンペイ落書をはじめとする、考古学的資料から表題を読み解いていこうとする意欲書。現代人はともすると「どの地域でも、どの時代のひとびとも、似たような倫理観と似たような志向をもつ」と思いがちだ。そんな思いこみを本書は吹っ飛ばしてくれる。本村らしくエピソードの紹介も魅力的だ。1時間程度の暇つぶしには最適。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください