ホールは交歓の場

ひたすら猫と遊び続け午後遅くにようやく外に出る気になる。今日はひさしぶりのコンサートだ。のこのこと遅刻していって見ると、後ろの席には中学校 の先輩、エントランスでゼミの指導教授に会う。こういう場であうと話も自然と音楽に向くわけで、学校で会うのとは違った楽しみがある。とりあえずの議題は 「新世界」は眠くなるか?であった(笑)。私の感覚では今日のはあまり眠くならない感心する演奏だった。もっとも感動という感じではない。裏メロ好みの指 揮者というのはいるもので新世界の新たな面を教えてくれたが、音楽的にはどんなものなのだろうか?

だらだらと読み続けていた新書を読み終わる。ここのところ本を読む気分にならず、のそのそとやたら気乗りせずに読んでいたのだが、終演後に喫茶店で 読んでいると不思議なほどすらすら進む。思っていたより圧倒的におもしろかった。これはやはり、本を読むときは気分を選ぶということだろう。

当然帰ってきても相変わらず猫はいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*