鮮烈な光が秩父宮を駆け抜ける

その日、清冽な風が秩父宮を駆け抜けた。鮮烈な光が秩父宮を突き通した。

選手権のシステムを愚痴る気はないが、妙にすがすがしくもあるラグビーを見させてもらった。

自分がモバイルを使いだすと非常に気になることがある。言うまでもなく電源のことだ。

これからの交通は徐々に大量輸送は求められなくなるだろう。特に都市間輸送においてだ。このようなとき航空機に鉄道が対抗できるとしたら快適なオフィス空間を車両に低価格で提供することだろう。

日経「春秋」のレトリックがださださながら気に入る。自分のマンネリ好みが露骨だ。

夕刻、先輩たちと自宅で蟹、鯛で鍋をしてみる。一袋1000円という馬鹿安いものを購入してきたわりには悪くない。とりとめもなく喋って寝た。しかしこの先輩たち、さまざまやる気に満ちており、尊敬に値する。とっとと自分を切り捨てようとしている自分を反省。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*