尾形勇, 岸本美緒編『中国史』

推薦版。中国通史の新しい版。新しい知見をふんだんに盛り込んでいる。後漢代の第2耕地の衰退や明代の沿海貿易、銀の世界流通などである。しかも全体の量からいって近代が多くなっており、複雑な近代史が、非常に理解しやすい。

また序言で示される中華民族論など初学者にとって歴史を学ぶ意義もおりにふれて教えてくれる点も評価したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください