西村清和『電脳遊戯の少年少女たち』

コンピュータ・画面をしようしたゲームをするという行動を「遊び」の哲学から考量する。やたらと難解であり、理解しがたい。しかもその結論というのが空き地や屋外での遊びの復活へ、という復古主義的なのはいただけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください