井上史雄『敬語はこわくない――最新用例と基礎知識』

敬語の変化は、当然の言語の歴史的変遷という立場から、敬語がどのように変化してきたかを示す。いわゆる実用本でないため、おもしろい。ただの誤用事典でないし、変化する、という前提にたっているため議論には納得するところがおおい。「敬意低減の法則」という、常に徐々に敬意が低減されていくという法則、もう一つ「敬語の民主化」という傾向が普遍的であることを知り得たの大きかった。また日本の敬語は九州から東に進出する、というのもなかなかにおもしろい。「~させていただく」という表現に関してはかなり詳しくケーススタディがしてあるので、その部分だけ読んでもおもしろい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください