山下和美『天才柳沢教授の生活11』

心映え、というものを扱うことの多い本シリーズでもこの巻では、人と人との関係ことに教育を考えるきっかけになりそうである。「第102話 ソネット83 番」は出色。長いスパンの目と、確かな理解。好奇心と洞察力。研究者と教育者はどこで接点が見いだされ、どこにおいて、最良の「師」たりうるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください