サンタチェチーリア

本日三田祭最終日。塾新でも役職選挙などの行事がある。

九時頃の起床。目覚めの感じで体調の回復を知る。FMにもゆったりと、耳を傾けることが出来た。

九時からのNHK-FM「クラシックサロン」の再放送は、「19世紀の宗教音楽」がテーマだった。モーツァルトやハイドンの宗教曲を堕落したものと して、新しい宗教音楽を提唱したチェチーリア運動の作曲家の紹介であった。僕はモーツァルトが苦手なので、グノーやメンデルスゾーンの並んだプログラム は、美しく荘厳でよかった。特にグノーの聖チェチーリアの荘厳ミサ曲は今度CDを買ってこようと思わせるものだった。フォーレのレクイエムに通ずるものが あるように思う。

三田行って、バイト行って、帰るつもり。が、子供が休んだ。バイト先までは空足、時間の無駄である。大井町線から見えた夕空の美しさが唯一の収穫。薄く青い空と赤のコントラスト。浮かぶ雲の光の反射。

三田へ戻って飲み会に行って、カラオケに行って、GLAYの曲の再認識を行う。旋律や詞が美しい。友達を連れ帰って、千石ラーメンを過ごして就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください