卒論文献目録

史料

  • Browne, E.G., The Persian Revolution of 1905-1909, London, 1910; rep. 1966.
  • Browne, E.G., The Press and Poetry of Modern Persia, Cambridge, 1914.
  • Kasravī, Ahmad, Tārīkh-e Mashrūṭe-ye Īrān, 1940-42;9th ed., Tehran, 1972-73.
  • Nāz̲em al-Eslām Kermānī, Tārīkh-e Bīdārī-ye Īrāniyān, 6 vols.,new ed.;Tehran, 1953
  • Jamāl al-Dīn Vā‘ez Eṣfahānī, Libās al-Taqvā, 2nd ed., Tehran, 1318AH.
  • Jamāl al-Dīn Vā‘ez Eṣfahānī, Ro‘yāye-Sadeqāna, 2nd ed., Moscow, 1318AH.
  • Khwājah Nūrī.(ed.), Mardan-e Khod-Sakhteh, Tehran, 1335Kh.
  • FO.248: U.K. Foreign Office, Public Record Office. Correspondences to and from Tehran, 724(1900), 940(1908), 970(1909).
  • FO.322: U.K. Foreign Office, Public Record Office. Correspondences to and from Tehran, 724(1900), 940(1908), 970(1909).
  • セガトル=エスラーム,ミールザー・アリー・アーガー.(八尾師誠訳・解説)「物言えぬものの主張――近代イランにおけるシーア派モジュタヘドの立憲思想」『東洋文化研究所紀要』111,1990
  • マラーゲイー,ゼイノル・アーベディーネ.(八尾師誠訳・部分)「エブラーヒム・ベクの旅行記」『イスラム世界』35・36,1991
  • Al-JAMAL(Tehran), n.v.,n.d.

関連文献―欧文

  • Abrahamiyān, E., The Crowed in the Persian Revolution 1, Iranian Studies, 2-4, 1969
  • Afary, J., The Constitutional Revolution (1906-1911): Grassroots Democracy, Social Democracy, the Origins of Femminism, New York, 1996.
  • Algar, H., Religion and State in Iran 1785-1906, Berkley & Los Angeles, 1969.
  • Algar, H., The Oppositional Role of the Ulama in Twentieth-Century, Keddie, N.R.(ed.), Scholars, Saints and Sufis: Muslim Religious Institutions since 1500, Berkley & Los Angeles, 1972.
  • Amirpur,K., Fürtig,H., Kooroshy,J., The Euro-Iranian dialogue and the West in Iranian media: official, loyalist and alternative views in the nineties, Hafes,Kai(ed.),Islam and the West in the mass media: fragmented images in a globalizing world,. Cresskill, 2000
  • Arjomand, S.A., Religion and constitutionalism in Western history and in modern Iran and Pakistan., Arjomand,S.A.(ed.),The Political dimensions of religion, Albany(USA), 1993
  • Arjomand, S.A., The ‘Urama’s traditionalist opposition to parliamentarianism: 1907-1909, Middle Eastern Studies, 17-2, 1981.
  • Bayat, M., Iran’s First Rebolution: Shi‘ism and the Constitutional Rebolution of 1905-1909, New York & Oxford, 1991.
  • Bonakdarian, M., Edward G.Browne and the Iranian constitutional struggle: from academic Orientalism to political activism, Iranian studies, 26-1:2, 1993.
  • Bosworth, C.E., E.G.Browne and his A year amongst the Persians, Iran, 33, 1995.
  • Browne, E.G., The Persian Revolution of 1905-1909, London, 1910; rep. 1966.
  • Browne, E.G., The Press and Poetry of Modern Persia, Cambridge, 1914.
  • Calder, N., Accomodation and rebolution in Imami Shi‘i jurisprudence: Khumayni and the classical tradition, Middle Eastern Studies, 18-1, 1982.
  • Dadkhah, K.M., Lebas o taqva (by Jamāl al-Dīn Esfahānī): an early twentieth-century treatise on the economy, Middle Eastern Studies, 28-3, 1992.
  • Eliash, J.E., The Ithna ‘ahara-Shi‘i juristic theory of political and legal authority, Studia Islamica, 24, 1969.
  • Floor, W.M., The revolutionary character of the Iranian ‘ulama: wishful thinking or reality, International Journal of Middle Eastern Studies, 12, 1980.
  • Fathi, A., Sayyed Jamal Vaez and the Aljamal newspaper in Iran. Middle Eastern Studies, 33-2, 1997.
  • Hairi, A. H., Shi‘ism and Constitutionalism in Iran, Leiden, 1977a.
  • Hairi, A.H., Shaikh Fazlallah Nuri’s refutation the idea of constitutionalism, Middle Eastern Studies, 23-3, 1977b.
  • Keddie, N.R., Religion and irreligion in early Iranian nationalism, Comparative Studies in Society and History, 4-3, 1962.
  • Keddie, N.R., Religion and Rebellion in Iran, London, 1966.
  • Keddie, N.R., Roots of Revolution: An Interpretive History of Modern Iran, New Haven, 1981
  • Keddie, N.R., Religion and Politics in Iran, Yale, 1983.
  • Kia, M. Constitutionalism, economic modernization and Islam in the writings of Mirza Yusef Khan Mostashar od-Dowle, Middle Eastern studies, 30-4, 1994.
  • Kondo, N. The study of Qajar Iran in Japan, 1984-1994, Asian Research Trends, 6, 1996.
  • Kotobi, L.D., L’emergence d’une politique de sante publique en Perse Qadjare: XIX-XXe siecles, Studia Iranica,24-2, 1995.
  • Lambton, A.K.S., The Persian ‘urama and the constitutional revolution, in Le shi‘isme imamite, Colloque de Strasbourg, 1968; rep. Paris, 1970.
  • Lockhart, L., The Constitutional Laws of Persia: Outline of Their Origin and Development, Middle East Jounal, 13, 1959.
  • Marsrooti, C., Europian thought in nineteenth-century Iran: David Hume and others, Journal of the History of Ideas, 61-4, 2000.
  • Martin, V., Islam and Modernism: The Iranian Revolution of 1906, London, 1989.
  • Mohebbi, M.K., L’influence relisieuse sur le droit constitutionnel de l’Iran, Tehran, 1958.
  • Nategh, H., Mirza Aqa Khan, Sayyed Jamal al-Din et Malkom Khan a Istanbul:1860-1897, Zarinebaf,S. (ed.), Les Iraniens d’Istanbul. Bibliotheque Iranienne, Paris, 1993.
  • Nizam al-Mulk, trans.Darke,H., The Book of Government or Rules for Kings, London, 1978.
  • Pistor-Hatam, A., Non-European views on the expansion of Europe: conflicting views and emotions expressed by the readers of a 19th century Persian newspaper, Heidelberger Orientverlag, 1995.
  • Pistor-Hatam, A., Progress and civilization in nineteenth-century Japan: the Far Eastern state as a model for modernization, Iranian Studies29-1・2, 1996.
  • Rabino, H.L., Liste des journaux du Perse et des jounaux publies hors de Perse en langue persane, Revue du monde Musulman, 22, 1913.
  • Rechard, Y., Le radicalisme islamique du Sheykh Fazlollah Nuri et son impact dans l’histoire de l’Iran contemprain, Les integrismes: la pensée et les hommes, 29-2, Brussels, 1986.
  • Ringer, M. M., The discourse on modernization and the problem of cultural integrity in nineteenth-century Iran., Matthee,R. & Baron,B.(eds.), Iran and beyond: essays in Middle Eastern history in honor of Nikki R. Keddie., Costa Mesa, 2000.
  • Sachedina, A., The Just Ruler in Shi‘ite Islam, Oxford, 1988.
  • Sakamoto, T., Iranian residents at Istanbul in the 19th century, Turk Tarih Kurumu Basimev, 6, 1994.

関連文献―波文

  • Ādamiyat, Ferīdūn, Fekr-e Āzādī va Moqaddame-ye Nehẓat-e Mashrūṭiyat-e Īrān, Tehran, 1961.
  • Kasravī, Ahmad, Tārīkh-e Mashrūṭe-ye Īrān, 1940-42;9th ed., Tehran, 1972-73.
  • Sfā‘ī, Ebrāhīm, Rahbarān-e Mashrūte, 2 vols., Tehran, 1344KH.

関連文献―和文

  • 岩見隆・関喜房「東洋文庫収蔵「キャスラヴィー関係加賀谷コレクション」解説目録」1-5+,『東洋文庫書報』1994-.
  • 加賀谷寛「ペルシア語によるイラン立憲革命史文献――覚え書き――」『西南アジア研究』7,1961
  • 加賀谷寛「イラン立憲革命の性格について」『東洋文化研究所紀要』26,1962
  • 加賀谷寛「近代イラン権利闘争史と立憲革命」『仁井田陞博士追悼論文集』2,1966
  • 加賀谷寛「革命状況と説教者――イラン立憲革命の場合」『オリエント』33-2,1990
  • 加賀谷寛「情報とイスラム世界」『歴史学研究』625,1991
  • 上岡弘二「イランの民族と文化―それを定位するための座標をめぐって」『イスラム世界』44,1994
  • 黒田卓「イラン立憲革命におけるラシュト蜂起」『史林』67-1,1984.
  • 黒田卓「イラン立憲革命と地域社会――ギーラーン州アンジョマンを中心に」『東洋史研究』53-3,1994
  • 黒田卓「書評:J・アファーリー著『イラン立憲革命1906~1911年――草の根民主主義・社会民主主義・フェミニズムの起源』」『イスラム世界』50,1998
  • 小牧昌平「Malkom Khānの初期の政治活動をめぐって―イラン近代史上の一問題―」『史学雑誌』92-8,1983
  • 小牧昌平「Malkom KhānのQānūnについて」『アジア・アフリカ言語文化研究』25,1983
  • 佐野東生「タキーザーデとイラン立憲思想(上・下)」『史学』(慶應義塾大学)69-2:3・4,2000.
  • 嶋本隆光「イラン立憲革命(1905-1911)初期におけるウラマーの役割と公正(‘adl)について」『アジア経済』22-6,1981.
  • 土屋光弘「イラン立憲革命―憲法をめぐる問題」『史友』17,1985
  • ティアニー, B.(鷲見誠一訳)『立憲思想』慶應通信,1986.
  • 八尾師誠「イラン立憲革命におけるタブリーズ蜂起」『イスラム世界』12,1977
  • 八尾師誠「イラン立憲革命とロシア――ソ連邦のおける研究史上の問題点」『オリエント』21-1,1978
  • 八尾師誠「イラン立憲革命と新聞――『Anjoman』紙の分析にむけて」護雅夫編『内陸アジア・西アジアの社会と文化』山川出版社,1983
  • 八尾師誠「イスラムと近代西欧の出会い――イランのシーア派イスラムの場合」森本公誠編『イスラム・転変の歴史』(講座イスラム2),筑摩書房,1985.
  • 八尾師誠「イラン「立憲革命」におけるウラマーの役割の再検討――研究史的側面から」『史潮』20,1986a
  • 八尾師誠「ザカフカズのイラン人出稼ぎ労働者とイラン立憲革命(1)」『人的移動にともなう地域社会の変容――その国際比較』東京外国語大学海外事情研究所,1986b
  • 八尾師誠「ザカフカズのイラン人出稼ぎ労働者とイラン立憲革命(2)」『人的移動にともなう都市及び農村の変容――国際比較の観点から』東京外国語大学海外事情研究所,1987
  • 八尾師誠「蘇る「イラン立憲革命研究」の現在」『Quadrante』1,1993
  • 八尾師誠『イラン近代の原像――英雄サッタール・ハーンの革命』(中東イスラム世界9)東京大学出版会,1998
  • 樋口陽一『近代立憲主義と現代国家』剄草書房,1973.
  • 藤井守男「ターレボフの人と思想」『東京外国語大学論集』33,1983
  • フリードリヒ, C.J.(清水望ほか訳)『比較立憲主義』早稲田大学出版部(政治理論叢書),1979.
  • 水田正史「イラン立憲革命と国民銀行設立問題」『大阪商業大学論集』125,2002
  • 吉村慎太郎「イラン立憲革命(1905-11年)の終焉」『地域学を求めて』田中忠治先生退官記念論文集刊行委員会,1994

解題

上記は、和文は関連文献はとりあえず目についたものをほぼ全て(主題に関係なく)、欧文は立憲革命のモノグラフ、ウラマーの役割、思想的問題、海外思想の流入、メディアとジャーナリズムに関連する物を記載した。波文はまだほとんど拾っていない。以下、[八尾師1986a][嶋田1981][加賀谷1962]に従って解題を試みる。

立憲革命モノグラフ

まず[Browne 1911]は、同時代史料としても有用な記録であるが、その分析は長い間イラン立憲革命研究の出発点となっている。ブラウンの総合的な見解に対し、立憲革命を封建制と圧制にあえぐ民衆の目覚めであり、民主的、民族的自由主義的ブルジョア革命と規定するのが[Ivanov 1953]である。

ずいぶんと間があいて、今日の立憲革命研究の第一線を示すのが、マーティン[Martin 1989]、バヤート[Bayat 1991]、アファーリー[Afary 1996]による、それぞれのモノグラフである。欧米の学界において、ブラウン以降、モノグラフがほとんど発行されず、この10年ほどに三冊も上梓されたことは、一つの到達点に至ったことを示している。この中でマーティンは、研究主題に近く、革命初期においてともに立憲派として戦ったヌーリーとタバータバーイーが袂を分かち、一方は立憲を正義であるとして、一方は立憲はイスラーム法に反するとして戦った両者の思想と議論を丹念に描く。アファーリーは、これまで「民衆を率いるウラマー」というブラウンの規定したイメージから離れ、大衆における「草の根民主主義」やフェミニズムの発生など、法学的思想における革命の動因よりも、社会的な諸変動に目を向ける。従って、その研究は、憲法勅令以前の初期よりも、第一立憲制、小専制以降が中心となる[黒田1998]。以上が立憲革命全体を扱ったモノグラフである。

立憲革命におけるウラマーの役割

以下、ウラマーの立憲革命での役割についての研究史を要約する[八尾師1986a][嶋田1981]。

イワノフを引き継ぐソ連での膨大な研究は、階級闘争史観に従って展開されることになる。当然のごとくウラマーの役割とその思想については軽視されている[八尾師 1978]し、露文のため読める気がしない(イワノフなどはペルシア語訳もある)。この路線上にアブラハミヤーンの一連の思想史的研究(たとえば[Abrahamiyān 1969])もある。またアルジョマンド[Arjomand 1981]による「一枚岩のウラマー」という長く続いてきたイメージに対する反論もなされている。ウラマー集団の中でもさまざまな階層と立場があり、その中に流動性があり、一概に革命派、反革命派とレッテルを貼ることはできないという議論は、立憲制をめぐるウラマーの態度と、その理解をめぐる研究に道を開いている。

続くアルガーは、ウラマーの役割を非常に重視し、立憲革命をガージャール朝草創以来の国家対宗教の対立が明白になり後者の勝利を示すものと規定する[Algar 1969]。ただしその分析ではウラマーは、民衆を結束させ不正に対し立ち上がらせる役割を果たすという伝統的な立場を強力に維持した結果としており[Algar 1972]、西欧文化を本質的に理解して立憲制に向かったわけではないとする点でブラウン以来の見解を維持する。アーダミヤトは、そもそも思想的基盤は改革派知識人によって形成されたものであり、ウラマーはその「実行力」を与えたにすぎない、とする[Ādamiyat 1961]。

続く一連の研究者に、ケディーやラムトンがいる。彼らの立場は非常に実証的である点が特徴である。ケディーはブラウンのウラマーが本質的に保守的であったというテーゼを受け継ぎ、ウラマーの立憲革命への参加は、調停者という役割を果たすことによる、自らの立場、権力の強化のためである、という社会制度的モデルの中に位置づける[Keddie 1966][Keddie 1983]。この彼女の見解に関しては、宗教を社会制度として捉え、生きた信仰としての役割を軽視する点が指摘できる。さらにラムトンの指摘によれば、彼らの目指したものは、専制に対する「技術」としての立憲制であったということになる[Lambton 1968]。

これに対して、ハーエリーが反論している。ハーエリーは、ウラマーの役割を非常に重視する立場はアルガーと同様であるが、タバータバーイーの書簡、説教などの断片的史料を収集し、立憲思想の本質を理解していたとする[Hairi 1977a]点で、立場が異なる。[八尾師1986a]が指摘するように、ウラマーが何らかの積極的動機をもって、立憲制に向かったと考えるのが妥当であろう。そうでなければ、立憲制であるべき理由が希薄であるからである。

以上のように、ウラマーの立場についての議論がいまいち確証を欠くのは、彼らがまともに史料を残していないことにある。したがって、状況証拠から推論するしかないが、そこに「公正の家」を考える必要性が生まれる。すなわち、「公正の家」とは何か、ではなく、彼らのそれぞれは「公正の家」をどのようなものとしてイメージしたかが重要となる。

和文献解題

日本におけるイラン立憲革命研究は加賀谷寛によって拓かれた。階級闘争史観の用語がやや古めかしく見えるが、[加賀谷1962]は日本語で読める唯一の革命全体を扱った簡略なモノグラフであり、問題の切り分けや、事態の展開における段階の切り分けは今日でも有効である。これに先立つ研究史と文献を扱った[加賀谷 1961]は貴重。さらに近年は情報伝達という点から説教を重視した[加賀谷 1990]、メディアを全体に扱った[加賀谷 1991]がある。なお加賀谷氏は大量の史料を日本に招来され、東洋文庫にコレクションがある。特に造語が多く「キャスラウィー語」とも称されるキャスラウィー関連文献が重要である[岩見,関 1996-]。

現在の第一線の研究者に八尾師誠と黒田卓がいる。立憲革命は中期以降テヘランから地方都市での実質的な闘争に移るが、その中で八尾師氏はタブリーズを中心としたアーザルバーイージャーンについて[八尾師 1977][八尾師 1998]、黒田氏はラシュトを中心としたギーラーンについて[黒田 1984][黒田 1994]を扱っている両氏によって地方での革命状況の研究は進んでおり、さらに憲法制定後、雨後の竹の子のごとく発行された地方紙の利用も開拓された[八尾師1983][黒田 1994]。また八尾師氏による研究史の整理は、非常に有用である[八尾師 1978][八尾師 1986]。

一方で革命初期のウラマーに関する専論は少なく[嶋本 1981]があるのみである。嶋本は近世のシーア派研究を専門としており、「公正」観念から立憲革命を考えている点で、研究主題にもっとも近い。しかし全体の分量が少なく、「公正の家」への言及も限定的である。この研究への補足がもっとも重要な課題である。

第二期以降の研究については[吉村 1994]が詳しい。また議会で立憲派の先鋭として立ったダギーザーデについては[佐野 2000]という詳論がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*