仲田正之編『伊豆と黒潮の道』

伊豆地方はこれまでの地方史概説書では完全な穴.執筆者もほとんど地元の高校の先生.良書である.江川氏関連が充実している一方,坦庵は褒めすぎの感も.島部はやはり見捨てられた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください