藤田覚, 大岡聡編『江戸―街道の起点』

本巻は江戸にひたすら焦点をあてる.狭い地域なのだがネタはつきない.意外に古代,中世の記述はよくできていて感心する.概説書でこれほど情報が豊富なものはなかなかない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください