凍りつく日々

午後までふて寝。

だらだらと春江「プラハの春」を読む。共産主義独裁という政治の中で生きた人々とその様々な想い。これから掘り起こされるべき課題であり、かつ知らされなければならない。それは政治学と歴史学の仕事だ。きわめて大きなフィールドが広がっている。

夜。三田に出て家へ戻る。酔っぱらって寝る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*